【初心者向け】FXトレードの練習メニューを公開します

FXトレードを練習したいんだけど、具体的にどんな練習をすれば良いのか分からない

こういった疑問に答えていきます

今回はFXトレードを今から始める方、始めてから間もない初心者向けに練習方法を解説しています。

 

FXトレードの練習の5つのステップ

1,相場の観察:まずは1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足を観察しましょう
2,根拠の発見:値動きで気づいたことの裏(根拠)を探しましょう
3,最高値と最安値を使ってトレード:ステップ1と2をやりつつ、チャートに自分で線を引き実際にトレードをしていきます
4,移動平均線を使ってトレード:ステップ1と2をやりつつ、チャートに移動平均線を引き実際にトレードをしていきます
5,今までのステップを合わせてトレード:ステップ1〜4を合わせてトレードしていきます

1つずつ詳しく説明していきます。

 

相場の観察

まずは1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足を観察しましょう。

練習として1分足か5分足を表示させてとにかく観察していきます。このとき、移動平均線などのインジゲータはまだ表示させないでください。

1日5分でも良いので最初は毎日1ヶ月~3ヶ月くらい必ずチャートをみる習慣をもつと良いです。 チャートを観察して気づいたことをなんでも良いので、ノートや PC に書き出しておきましょう(気づいたことを書き出す作業はプロになるための大切な作業です)。

例えば以下のような感じです。

  • 9時50分になったら急に値動きが激しくなった。 
  • 15時00分になったら急に値動きが激しくなった。
  •  18時30分~19時30分は値動きが落ち着いてきた。 
  • 上昇していた相場だったがローソク足の形が十字になった次は値が落ちてきた。
  •  毎月最初の金曜日の21時半(夏時間。冬時間の場合は 22 時半)になると値動きがものすごく荒い。

こんな感じでなんでも気づいたことをメモしておく作業が、地味でもとても大切な作業になります。

 

根拠の発見

値動きで気づいたことの裏(根拠)を探しましょう

気づいたことをメモしたら、なぜ値動きが荒くなったのか、なぜ上昇したのか、なぜ下降したのかの根拠をさがしてください。

例えば以下のように書いていきます。

  •  毎月第一金曜日の夜21時半(夏時間、冬時間は22時半)の値動きが荒い原因は米国の雇用統計の発表があったから。
  • 午前9時50分くらいに相場が動いたのは日本銀行が仲値を発表したから。
  •  15時から17時に値動きが活発になったのは欧州市場がはじまったから。
  •  22時に値動きが荒くなったのは○○○という経済指標が発表されたから。
  •  23時14分に急な下落相場になったのはトランプ大統領の Twitter の影響を受けたから。
  •  午前3時ころに円安に動き出したのはアメリカの政策金利が発表されたから。

このような感じに値動きの根拠をがんばってさがしてください。 3ヶ月くらい毎日続ければ一気にプロに近づけます。 3ヶ月くらいてば金融の用語にも慣れてきて FX が楽しく感じることにつながります。

 

最高値と最安値を使ってトレード

ステップ1と2をやりつつ、チャートに自分で線を引き実際にトレードをしていきます。
インジゲータなどは表示させないでください。

1分足か5分足を表示させます。

直近の最高値と最安値のところに横線を引きます。

どちらかの線をブレイク(ローソク足の実体が割ったら)したら、その方向へエントリー(注文)してください。
損切り決済は直近の最高値をブレイクしたら。 利確決済は1分足を表示していたら5分足か15分足の直近の最安値で利確します。 

または 5pips や 10pips で利益確定です

保有ポジションで 10pips 以上含み益が出たら損切りをエントリーした値に設定 しておきます(初心者用として書いています。慣れてきたらもっと凄いやり方り)。とにかく横ラインを引いて練習あるのみです。 気づいたことはメモしておきましょう。(重要) 

 

移動平均線を使ってトレード

練習なので1分足か5分足。 5分足の場合7日単純移動平均線(7SMA)をチャートに表示させたらまず観察してください。 1分足の場合、5SMA を表示させてください。

単純移動平均線とは?:とても基本的なテクニカル分析の1つで、ある一定期間の価格の平均値を線でつないだものになります

7SMA をローソク足の実体がブレイクしたらその方向へエントリー(注文)してください。

すぐ7SMA を逆にブレイクしたら損切り決済してください。 成功もありますが、失敗もあります。

しかし練習と割り切ってエントリーしてください。

 

今までのステップを合わせてトレード

ステップ1〜4を合わせてトレードしていきます

1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足すべて1~4の方法で観察してから短時間足を表示させてトレードします。

以上、項目1~5がテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の基礎の基礎になります。

基礎を怠らず続けたものが最終的に生き残ります。断言します。

これを基礎においてその他インジゲータを使い勝率と利益率をアップしていきます。

良いインジゲータを手に入れることかできてこの基礎ができていれは、゙あなたはもうプロフェッショナル!

 

まとめ

まずはこのメニューを3ヶ月継続するで、比べ物にならないくらい相場観が掴めるようになります。

ぜひ継続してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA