【知識ゼロから始める】FXの勉強法を詳しく解説!


この記事では、「FXを始めたいけど、どのように勉強していけばいいのかわからない!」こんな疑問にお答えしていきます。


FXの勉強方法は、どんな生活スタイルでFXをやっていくのかを明確にすれば、自ずと自分に合った最適な勉強方法が見つかります。

 

詳しく見ていきましょう。

FX勉強法の鉄則

これからFXを始めようとする人にありがちなのが、初心者向けのFX教本を買って勉強をするということです。

ただ、いきなりFXの基礎などに関する本を使って勉強をするのはオススメしません。

理由は2つです。

1つは、基礎知識程度であればネットで十分に勉強できるからです。

もう1つは、投資スタイルや分析方法が決まらないままやみくもに勉強をしてしまうと、勝ているようにならないどころか大きなお金を溶かしてしまうことになりかねないからです。

私も勉強を始めた頃、とにかくどうやってトレードして勝つかばかりを考えてしまい、いきなりトレードテクニックの勉強をやみくもに開始したことで、自分が今何をしたらいいのかということがさっぱりわからない期間が長く続きました。

そこで、一度FXをやる目的に戻って考え直したところ、すぐにこの問題を解決することができました。

この経験から学んだことは、FXの具体的な勉強を始める前に、勉強を開始する準備をする必要があるということです。この記事を読んでくださる皆さんには私と同じ状況にならないためにも、後述する順序で進めていっていただきたいと思います。

勉強を開始する準備は以下のとおりです。

①基礎知識を習得
②FXをやる目的を明確にする
③自身が望む投資スタイルを明確にする
④分析方法を明確にする
⑤それらに最適な本を使って勉強していく

このページでは、以下に記載する①~⑤のステップを順に見ていくだけで、それぞれの希望に合った本を選べるようになることはもちろん、具体的な応用レベルに入っていけるよう構成しています。

それでは、①~⑤のステップを順に説明していきます。

 

FXの基礎知識の習得

基礎知識の習得は、前述したとおりネットを使って進めていきます。基礎があっての応用なので、まずは焦らずに基礎知識を叩き込みましょう。

下記URLは基礎知識を網羅しているページです。ご参考までに。

 

FXをする目的を明確にする

FXをする目的は人によって様々です。

たとえば、「⑴FXの専業トレーダーとして生計を立てていきたい人」や「⑵仕事がない夜を使ってある程度の稼ぎを得たい人」、「⑶スキマ時間を使ってお小遣い程度の稼ぎを得たい人」などです。

私は目的を「目指す金額」として考えることをオススメします。一概には言えませんが、目指す金額が大きければ時間的拘束は増え、目指す金額が小さければ時間的な拘束は減ります。この目的を先に明確にすると、後述する投資スタイルや分析方法を決めやすくなります。「どのぐらいの金額を目指すのか」を軸に考えてみてください。

 

投資スタイルを決める

FXには投資スタイルというものが存在します。そして私はこれを「時間的投資スタイル」と「手法的投資スタイル」の2つに分けて考えています。

「時間的投資スタイル」は、FXに使う時間のことです。たくさんの時間を使えるのか、少しの時間しか使えないのかなど、自身の状況を明確にします。

「手法的投資スタイル」は、「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期トレード」の4つに分けられ、これらのうちどれを採用していくのかを決めます。

※スキャルピング:超短期で取引をするトレードスタイルのこと
※デイトレード:当日中に注文と決済を終わらせるトレードスタイルのこと
※スイングトレード:2、3日から数週間の短期間で売買を完結させるトレードスタイルのこと
※長期トレード:数週間~数ヶ月という長い年月をかけて売買を完結させるトレードスタイルのこと

投資スタイルは、②で明確にした金額を軸に決めていきます。

たとえば、「⑴FXの専業トレーダーとして生計を立てていきたい人」の場合、
自由度の高い投資スタイルを選択することができます。

「少しの時間でスキャルピングをして、小さな利益を積み重ねていく」や「日中から夜にかけてじっくり時間をかけてデイトレードをしていく」、「見る時間をなるべくかけずにスイングをして一度で大きな利益を取っていく」など自由度を高く選択できます。

 

「⑵仕事がない夜を使ってある程度の稼ぎを得たい人」の場合、
使うのが短時間で済む投資スタイルを選択する必要があります。「夜の激しい相場の変動を利用してスキャルピングをして小さな利益を積み重ねていく」や「見る時間をなるべくかけずにスイングをして一度で大きな利益を取っていく」などが考えられます。

 

「⑶隙間時間を使ってお小遣い程度の稼ぎを得たい人」の場合、
使うのが特に短時間で済む投資スタイルを選択する必要があります。「非常に短い時間のスキャルピングに絞って小さな利益を積み重ねていく」や「短い時間を使って分析して、スイングで取引できるタイミングでしていく」などが考えられます。

 

③では、自身で採用する投資スタイルを例のような短い文で明確にします。これにより④の分析方法を明確にする事がスムーズに決まります。

 

自身が使う分析方法を決める

FXの分析方法には、テクニカル分析とファンダメンタル分析の2種類があります。

①テクニカル分析:チャートに表示した過去の値動きから、インジケーターなどを用いてトレンドやパターンなどを把握し、今後の動向を予想すること※インジケーター:トレードする際のサポートツール

②ファンダメンタル分析:相場の大きな方向性を掴むために景気動向、金融政策、財政政策等の変化が市場全体にどのような影響を及ぼすのかを分析すること

まずはこのどちらを使うのか、もしくは両方使うのかなど、トレードをする上でご自身が使う分析方法を決めます。ただし、先に投資スタイルを決めている場合はおおよそ以下のようになる場合が多いです。

 

主に使う分析 補助で使う分析
スキャルピングトレード テクニカル分析 ファンダメンタル分析
デイトレード テクニカル分析 ファンダメンタル分析
スイングトレード テクニカル分析
ファンダメンタル分析
長期トレード ファンダメンタル分析 テクニカル分析

 

本を選ぶ

スキャルピングトレードをやる人へオススメの本

 

デイトレードをやる人へオススメの本

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4534048726/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4534048726&linkCode=as2&tag=ts0975jp02-22&linkId=b80c911b9a5a214dcf5f12f339877379

スイングトレードをやる人へのオススメの本

 

テクニカル分析をやる人へオススメの本

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4322218911/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4322218911&linkCode=as2&tag=ts0975jp02-22&linkId=96e032cacff94df41544ee56444e80022:

 

まとめ

自分に最適な勉強方法を見つけトレードを上達しトレードを楽しんでいってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA