【初心者向け】RFM分析とは | 顧客を区別し分析する | Winey Trade

この記事を読んでわかること

・RFM分析について
・RFM分析の事例

今回はRFM分析について、そもそもRFM分析とは何か?いつ使うのか?どのように使うのか?
などについて説明していきたいと思います。

RFM分析について

RFM分析とは、Recency(直近の来店日)、Frequency(来店する頻度)、Monetary(購入金額)の3種類から顧客をランクごとにグループ分けしてマーケティングに活用させる顧客分析手法です。

RFM分析の事例

上記の画像を元に説明すると、下記のように総合ランク(1~10)まで顧客ランクをグループ化することができます。

これらを元に各要素(Recency,Frequency,Monetary)から顧客の分析例をあげると、
Recencyから分析すると、Rが高ければFやMが低くても将来の収益に貢献する可能性が高いですが、低い場合FやMが高くても他者に奪われ離反している可能性が高いことが予想されます。

Frequencyの視点から分析すると、Fが低くMが高い人は一度の購入金額が高いことがわかり、逆にFが高くMが低い人は優良顧客ではありますが一度の購入金額が低いためそこを増加させる施策を考えることが必要になってきます。

まとめ

以上がRFM分析の徹底解説です。
次回はpythonによるRFM分析の実践練習について説明していきたいと思います。

これらを参考にみなさんのマーケティング戦略が成功することを切に願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA