MT4 外部から入手したインジケーターの追加方法を徹底解説

MT4の中には初めからたくさんのインジケーターが搭載されています。もちろん、それだけでも十分に取引はできるのですが、使いたいインジケーターが入っていないということもあるかもしれません。その場合ネットなど外部からインジケーターをダウンロードしてMT4で表示させることができます!

この記事では、外部からダウンロードしたインジケーターをMT4に追加する方法を解説しています。

手順に沿って画像を入れながら解説しているので、◎MT4を使い始めたばかりの人  ◎初めて外部からダウンロードしたインジケーターを追加する人 でもインジケーターを簡単に追加できます!

ざっくりした手順は、1.インジケーターを探してダウンロード 2.MT4のファイルに追加 3.MT4を起動する 4.定型チャートの保存 です。

Mac版のMT4を使っている方は、少しファイルの場所が違うので、後半のMac編をお読みください!

インジケーター追加方法 ①Windows編

インジケーターを探してダウンロード

インターネット上には多くのインジゲーターがあり、それらはダウンロードしてMT4で使うことができます。有料のものも無料のものもあります。「MT4 インジゲーター 無料」のように検索すれば出てくるので、ぜひ試してみてください。

今回は、スプレッドの値をチャートウインドウに表示することができるインジゲーターをダウンロードしてみます。

サイトからダウンロードして、デスクトップなどわかりやすいところに保管しておきましょう。

例で使用したスプレッド表示インジケーター

MT4のデータフォルダに追加

MT4を起動して、左上にあるファイルからデータフォルダを開くをクリックします。

 

次にMQL4というファイルフォルダーを開いてください。

 

さらに、その中のindicatorsを開いてください。開くと、たくさんのインジケーターのデータが入っていると思います。

 

ダウンロードしたインジケーターを、先ほど開いたインジケーターのファイルにドロップします。これで、MT4にインジケーターのデータが入りました!

MT4を再起動する

MT4の中にインジケーターのデータを移動することができたら、MT4を再起動します。再起動することにより、データフォルダが更新されます。

挿入→インジケーター→カスタムの順にクリックしていくと、追加したインジケーターが入っているのが確認できます。追加したインジケーターをクリックすると、チャートの画面に反映されます。

 

今回例で取り上げ、新しく追加したインジケーターのおかげでスプレッドの値を表示がされるようになりました!

定型チャートとして保存する

この作業は、必須ではありません。しかし、何かトラブルでインジケーターが画面から消えてしまった場合などに、定型チャートとして保存しておけばすぐに戻すことができるので便利です。また、複数のインジケーターを追加した場合にも、自分専用の定型チャートとして保存しておくことができるのでオススメです!

チャート→定型チャート→定型として保存の順にクリックすると保存できます。わかりやすい名前をつけておくと良いでしょう。名前の部分以外は触れなくて大丈夫です。

 

今回は、「Teikei1」で保存しました。チャート→定型チャート→「Teikei1」(自分でつけた名前)の順にクリックすると、追加したインジケーター付きのチャート画面をいつでも簡単に開くことができます。

 

以上が外部からダウンロードしたインジケーターをMT4に追加する方法になります。慣れてしまえば簡単にできるようになるので、ぜひ色々試して、ご自身のベストインジケーターを見つけてみてください!

トレードのさらなるレベルアップに役立つ記事が他にもあるので、良ければそちらもご覧ください!

インジケーター追加方法 ②Mac編

インジケーターを探してダウンロード

インターネット上には多くのインジゲーターがあり、それらはダウンロードしてMT4で使うことができます。有料のものも無料のものもあります。「MT4 インジゲーター 無料」のように検索すれば出てくるので、ぜひ試してみてください。

今回は、スプレッドの値をチャートウインドウに表示することができるインジゲーターをダウンロードしてみます。

サイトからダウンロードして、デスクトップなどわかりやすいところに保管しておきましょう。

例で使用したスプレッド表示インジケーター

MT4のデータフォルダに追加

Windowsよりもこの工程が少し複雑になっています。簡単に流れだけ先に言うと、Finderから「ライブラリ」を選択→「Application Support」→「drive_c」→「Program Files」→「XM Trading MT4」→「MQL4」→「Indicators」にダウンロードしたインジケーターをドロップ  になります。

↓ここからは、画像付きで詳しく解説していきます!

Finderを開き、パソコン左上にある移動をクリックします。optionを押すと、ホームとコンピュータの間に「ライブラリ」が出てくるので、これをクリックしてください。下の画像の赤いラインの入っているところに出てきます。

 

次にライブラリの中のApplication Supportを選択して、その中のXMを開きます。

 

次に drive_cを選択します

 

Program Filesを選択します

 

XM Trading MT4を選択します。

 

次にMQL4を選択してください

 

最後にIndicatorsを選択します

 

Indicatorを開いたら、ダウンロードしたインジケーターのデータをファイル内にドロップします。これでMT4のデータフォルダに追加できたことになります!

MT4を起動する

MT4の中にインジケーターのデータを移動することができたら、MT4を起動します。

挿入→インジケーター→カスタムの順にクリックしていくと、追加したインジケーターが入っているのが確認できます。追加したインジケーターをクリックすると、チャートの画面に反映されます。

今回例で取り上げ、新しく追加したインジケーターのおかげでスプレッドの値を表示がされるようになりました!

定型チャートとして保存する

この作業は、必須ではありません。しかし、何かトラブルでインジケーターが画面から消えてしまった場合などに、定型チャートとして保存しておけばすぐに戻すことができるので便利です。また、複数のインジケーターを追加した場合にも、自分専用の定型チャートとして保存しておくことができるのでオススメです!

チャート→定型チャート→定型として保存の順にクリックすると保存できます。わかりやすい名前をつけておくと良いでしょう。名前の部分以外は触れなくて大丈夫です

今回は、「Teikei1」で保存しました。チャート→定型チャート→「Teikei1」(自分でつけた名前)の順にクリックすると、追加したインジケーター付きのチャート画面をいつでも簡単に開くことができます。

以上が外部からダウンロードしたインジケーターをMT4に追加する方法になります。慣れてしまえば簡単にできるようになるので、ぜひ色々試して、ご自身のベストインジケーターを見つけてみてください!

トレードのさらなるレベルアップに役立つ記事が他にもあるので、良ければそちらもご覧ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA