MT4スマホ版アプリ徹底解説1

はりねずみ
はりねずみ
外出先でもチャート確認できたらなあ〜

外出しているときに、「パソコンがなくてチャートが確認できない!!」なんてことよくありますよね。そんな状況を解決してくれるのが、MT4のスマートフォンアプリになります。この記事ではスマホ版MT4の使い方を徹底解説しています。この解説にはiPhone用のアプリを使いますが、Androidもほとんど同じなのでぜひ参考にしてください!

また、アプリでのトレードの仕方やインジケータの入れ方はMT4スマホ版アプリ徹底解説2で解説しています!

MT4 スマホ版アプリをダウンロードしてログイン

まずは、App StoreかGoogle PlayからMT4をダウンロードします

Google Play で手に入れよう

ログインは、設定→新規口座→既存のアカウントにログインでできます。

簡単な説明ですので、わかりにくい方は下記の記事をお読みください。画像付きでログインの手順を解説していますのでオススメです。

XMのMT4 ダウンロードからログイン手順(画像付き)

MT4 スマホ版アプリの画面解説

MT4スマホ版アプリには、①気配値 ②チャート ③トレード ④履歴 ⑤設定 の5つのボタンがあります。それでは、順番に解説していきますね!

①気配値ボタン

一番左の気配値ボタンから解説していきます。通貨ペアをタップすれば、チャートや詳細を見たり、トレードができます。

①  鉛筆マーク:各ペアの表示順の入れ替え、表示してあるペアを削除ができます。
② シンプルモード/詳細モード:詳細モードにすると、スプレッド・安値・高値が表示されます。
③+ボタン:通貨ペア(シンボル)を追加できます。

②チャートボタン

各通貨ペアのチャートを表示させることができます。①の気配値ボタンでタップした通貨ペアがここに表示されます。

① 時間足の選択
② 十字カーソル:十字カーソルを当てることによって価格など詳細が表示されます。もう一度②のボタンをタップすることで、カーソルを消すことができます。
③ インジケーター:インジケーターを追加できます。メインウインドウとインディケータウインドウにそれぞれ追加できます。
④ オブジェクト:ラインやチャネルなど分析に必要な様々なオブジェクトを追加できます。

 ◎オブジェクトを編集、削除する方法
1. チャート上のオブジェクトを長押しで編集や削除を選択する or ④をタップ→現在のシンボル選択で編集したり、左にスワイプで削除する
⑤ トレード:トレードができます。トレードの仕方についてはMT4スマホ版アプリ徹底解説2へ

チャート画面でできることは、まだ他にもあります!
チャート画面でタップ
③インジケーター  ④オブジェクト ⑤トレード の3つの操作ができます。また、他にも設定画面を開くことができ、チャートについての設定が行えます。設定画面の解説はページ後半にあります。

チャート画面で長押し
・メインウインドウとインディケータウインドウの比率を変えることができます。見やすいように調整してみてください!
・インディケータウインドウを削除できます。
・チャートの右端を空けることができます。

横画面にするとできること
①バーチャート、ローソク足、ラインチャートを選ぶことができます。
②ワンクリックトレードができる ※成行注文になり、押した瞬間エントリーできるので、押し間違えないように注意しましょう。
③チャートの設定をできます。 ページ後半でチャートの設定について詳しく解説しています。

③トレードボタン

実際にトレードに関するほとんどの操作がここに集まっています。

①新しく注文ができます。
②口座の残高や証拠金についての情報
③その時点で持っているポジションやオーダーの情報 タップすると詳細が表示されてストップロスやテイクプロフィットの価格の設定が可能です。
④その時点での損益

詳しいトレード方法はMT4スマホ版アプリ徹底解説2で解説しております!

④履歴ボタン

名前通り、トレードの履歴を見ることができます。

①  日、週、月ごとにトレードの履歴を見ることができます。
週や月は、その日から数えられて表示されます。(ex. 9月20日だったら、8月20日~9月20日が月ボタンで表示される)ですので、今月や先月どうだったのか見たい(ex.8月のすべての取引履歴を見たい )場合には、カスタムで期間の設定をすることによって見ることができます
②  検索ボタン:シンボル(通貨ペア)、例えば、USDJPYなどを入力すると、その通貨ペアの取引履歴が表示されます。
③  ①や②で設定した履歴が表示されます。

⑤設定ボタン

様々な機能があるのですが、主に使うのは、以下の①〜③でしょう。今回は、その3つに絞って解説していきます。

①  ここをタップすることで、口座の切り替えができます。
②  デモ口座を開設したり、既に持っている口座を登録できます。ログインした時と同じように進めていけば、お持ちの口座を登録できます。登録すると、①ボタンで口座の切り替えができます。1つの端末で見れるのはとても便利ですよね!
③  チャートの設定ができます。この画面は、チャート画面タップでも出てきます。
チャート画面をカスタマイズできてかなり便利なので、詳しく解説していきます!

❶  バーチャート、ローソク足、ラインチャートが選べます。
❷ 上から順に解説していきますね。
ボリューム:出来高を表示(緑にすると有効になります※以下同様です)

アスク価格ライン:アスク価格(買いの価格)のラインをチャート上に表示できます。
チャート上に表示されているのは売りの価格のラインです。そのため、買い注文を入れたときには、チャート上のラインよりも少し上での価格になります。「思っていた価格と違う!」とならないようにするためにも、表示しておいた方がいいかもしれませんね!

期間区切り線:チャート上に期間を区切る線が表示されるので、時間が見やすくなります。

トレードレベル:オーダーやストップロス、テイクプロフィットなどのラインが表示されます。

OHLC:チャート画面上部にに始値・高値・安値・終値(OHLC)が表示されます。

データウインドウ:チャート画面でカーソルを当てると、インジケーターの詳細な値が表示されます。


いいなと思ったものは、ぜひ表示させてみてください!

❸上昇バー、下降バーなど様々な色の設定ができます。チャート画面は長い時間見ることもあるかもしれないので、見やすくて目の疲れない色にしておくといいかもしれないですね!

❶❷❸で設定を変更した場合は、必ず更新(画像赤い丸)をタップしましょう!

 

以上がMT4スマホ版アプリの使い方になります。MT4 スマホ版アプリ徹底解説2では、注文の仕方やインジケーターの入れ方について解説しますので、よければそちらもお読みください!

MT4スマホ版アプリ徹底解説2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA