【3分でできる】MT4の口座開設

取引を始める前に必ずやらなければいけないこと、そう、口座開設です!

MT4(Meta Trader4)は世界中で使っている人がとても多い、取引プラットフォームです。つまり、実際に取引の操作を行う環境のことで、MT4を作ったMeta Quotes社は世界中の様々な業者にこの環境を提供しています。MT4をパソコンに入れただけの状態では、この取引環境を手にしたというだけです。ですので、口座をどこかの業者で開設する必要があるのです。
今回の記事では口座開設について手順を追いながら画像付きで開設していきます。

口座開設をする前に…デモ口座とリアル口座の違い

デモ口座→仮想の資金で取引ができる口座
リアル口座→自分の実際のお金を使って取引ができる口座

一般的に、デモ口座の方が開設に時間がかからず気軽にできます。ただ、デモ口座にもリアル口座にもメリット・デメリットがあるのでその辺りを解説していきます。

デモ口座のメリットとデメリット

デモ口座のメリット

・自分の資金でないから気軽に練習ができる、様々な取引方法を試せる
・氏名、メールアドレスなどの項目を入力するだけで簡単に開設ができる

デモ口座のデメリット

・使用する業者によっては口座の使用期限がある
・資金管理方法が身につかない場合もある

意識的に注意すれば特に問題はないのですが、デモ口座で緊張感がなく簡単に取引をしていると、リアル口座に切り替えた時に資金管理の意識ができない場合もあるようです。デモ口座でやる場合でも、実際の時と同じようにロット調整を行えばリアル口座でも自然に意識できるので大丈夫です!

リアル口座のメリットとデメリット

リアル口座のメリット

・一般的に口座に使用期限はない
・実際の緊張感をもって取引ができる

リアル口座のデメリット

・失敗すると資金が実際に減るので、様々なトレード方法を試しにくい

ある程度取引に慣れてくると、より良いトレード方法を見つけるために色々試すこともあるかと思います。その場合、デモ口座で行うことをオススメします。デモ口座で試して使えるトレード方法だと思ったら、リアル口座で運用しましょう!

 

取引への不安が大きい・少しだけ試してみたい方→デモ口座で少し取引をして、慣れたらリアル口座という流れをオススメします。

デモ口座開設のやり方

今回はXMを例として、デモ口座開設をしてみたいとと思います。それではデモ口座開設のやり方です。2分もあればできます!

まずは、口座開設のサイトにアクセスしましょう。


すると、このような画面が出てきます。デモ口座開設をクリックします。ここからいよいよ情報の入力です。

デモ口座登録のための入力


まず一番初めに入力するのは個人情報です。
画像にも書いてあるように、英語のアルファベット文字しか利用できません。注意することがあるものだけ解説していきます。

①都道府県・市 →都道府県と市まで入力すれば大丈夫です。番地など細かな部分の入力は必要ありません。
②電話 →ハイフンなしの入力で大丈夫です。
③希望言語 →プルダウンで選択可能です。ちなみに、日本語はもちろん英語やタイ語、韓国語などが選択できます。

 


次にデモ口座についての設定の入力に移ります。
①取引プラットフォームタイプ →MT4を選びましょう。
②口座タイプ →スタンダードとXM Zeroが選択できます。
XM Zeroはスプレッドは小さいが、その分取引コストがかかるというもの。スタンダードなものと比べて一部取引のできないものがあります。また、様々なボーナスの対象外になります。特にこだわりがなければ、スタンダードタイプの口座で大丈夫でしょう。
③口座の基本通貨 →ユーロ・米ドル・円がプルダウンで選べます。
④レバレッジ →よくテコの原理と言われるもので、証拠金の何倍もの資金を動かして取引ができます。
XMでは上のようなレバレッジが選べます。
⑤投資額 →デモ口座に入っている最初の資金をいくらか選びます。

XMでは上のような投資額が選べます。

 


最後に口座のパスワードの入力を行います。
①口座パスワード →画像にもある通り、口座パスワードは小文字、大文字、数字の3種類を含めなければいけません。
②同意チェック →ここにチェックを入れると、XMからメールが届きます。チェックを入れなくてもデモ口座の開設はできました。
③デモ口座開設ボタン →個人情報や口座の情報に間違いがなければ、デモ口座開設ボタンをクリックしましょう。

届いたメールの確認


入力が完了すると上のようなメールが届きます。ですので、こちらというところをクリックしてメールを確認しましょう。


メールを確認すると、もう1通メールがきます。これには、ログインするためのIDとサーバー名が載っています。

あとは、MT4をダウンロードしてログインすれば、取引がすぐにできます。ダウンロード・インストール・ログインのやり方については、以下の記事に画像付きで詳しく解説していますので、そちらをお読みください。

XMのMT4 ダウンロードからログイン手順(画像付き)

リアル口座開設のやり方

次に、リアル口座の開設方法です。こちらも、XMを例として解説していきます。
まずは、サイトにアクセスしましょう。


右側の緑の口座を開設するボタンをクリックしましょう。

リアル口座開設のための入力

リアル口座開設はデモ口座よりも入力することが多いですが、入力自体はすぐに終わります!以下の画像にもあるように、2分くらいで登録が可能です。注意点をあげて解説していきます。


まずは、個人情報の入力です。
①希望言語 →プルダウンから選べます。ちなみに、日本語はもちろん英語やタイ語、韓国語などが選択できます。
②電話 →ハイフンなしの入力で大丈夫です。


①取引プラットフォームタイプ →MT4を選びましょう。
②口座タイプ →スタンダード、マイクロ、XM Zeroが選べます。
XM Zeroはスプレッドは小さいが、その分取引コストがかかるというもの。スタンダードなものと比べて一部取引のできないものがあります。また、様々なボーナスの対象外になります。マイクロは、1ロット=1000になります。少額でも取引できる初心者向けの口座タイプですが、取引量にも上限があります。特にこだわりがなければ、スタンダードタイプの口座で大丈夫でしょう。

 


①名前 →こちらは全角カナで入れてください。

 

 


続いて、住所についてです。本人確認物と同じ住所を入力してください
①都道府県・市 →市・都道府県の順に入力します。 ex.  Yokohama-shi, Kanagawa
②番地・部屋番号 →部屋番号・番地の順に入力します。長すぎると入らないので、マンション名は省略してください。 ex.  102, 1-2-34
③区町村・町名 →町名・区町村の順に入力します。 ex.  Kawase-cho, Kawase-ku
④郵便番号 →ハイフンなしの入力で大丈夫です。
⑤納税義務のある米国市民ですか →プルダウンで選択できます。

 


次は取引口座の詳細です。
①口座の基本通貨 →プルダウンからユーロ・ドル・日本円が選べます。基本は円で大丈夫です。
②レバレッジ →プルダウンから選択可能です。以下のような中から選ぶことができます。最大で888倍まで選べます。

③口座ボーナス →受け取りを希望しましょう。

 


次は、投資家情報についてす。
①投資額 →大体の投資額で大丈夫です。ただし、20,000ドル以上を選ぶとレバレッジの888倍は選べなくなってしまいます。ですので、888倍で取引したい場合はそれ以下にしましょう。
②④  →それぞれプルダウンから選べます。
③雇用形態 →被雇用者・自営業を選ぶと右側に職種の項目が出てくるのでそこも選択しましょう。学生などそれ以外を選ぶと右側に資金源の項目が出てくるのでそこも選択しましょう。
⑤⑥  →多い方が良いというものでもないので、当てはまるものをプルダウンから選べば大丈夫です。

 


いよいよ最後です。
①口座パスワード →小文字、大文字、数字を含めたパスワードにしましょう。
②確認 →ニュースレターなどの情報の受け取りへの同意は自由ですが、下に書いてある利用規約などへの同意は必須となります。
③リアル口座開設 →入力した項目に間違いがなければクリックしましょう。

届いたメールの確認


開設ボタンをクリックすると、上のようなメールが届きます。メールアドレスの確認のためにメールのこちらというところをクリックしましょう。


メールを確認するともう1通メールが届きます。これには、ログインするためのIDやサーバー名が書いてあります。これで、口座開設が完了しました。
ただ、リアル口座は口座の有効化をしなければいけません。次は口座の有効化について解説します。

口座の有効化

口座の有効化をするには本人確認物をアップロードしなければいけません。アップロードする時に、本人確認物をスマホで撮影したものを使用します。

身分証明証と現住所証明証 もしくは 身分証明証2つ が必要になります。
身分証明証は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど顔写真がついているものになります。
現住所証明証は、6ヶ月以内に発行された住民票や公共料金の郵便物などです。

アップロードしたものは24時間以内(土日・休日を除く)に審査されます。結果メールが届くまで待ちましょう。

口座の有効化が終わったら、MT4のインストールやMT4にログインしていきます。インストールやログインについては以下の記事に画像付きで解説していますので、そちらをお読みください。

XMのMT4 ダウンロードからログイン手順(画像付き)

 

口座開設する方必見!オススメのFX業者

OANDA

スプレッドは業界最狭水準です。また、特徴としてFXのオープンオーダー情報を公開しています。他にも、多くのFXを学ぶことができryコンテンツを配信しています。また、デモ口座には期限がないので、取引への不安がなくなるまでじっくりデモ口座を試すことができます。

口座開設はこちら

XM

XMは海外の証券会社です。ただや日本語ライブチャットやメールでの問い合わせに週5日24時間対応しているので安心です。XMはレバレッジが最大888倍まで選べるので少額からでも取引が始められます。

口座開設はこちら

外貨ex

ヤフーグループの会社であるYJFX!のFX取引用が外貨exになります。取引でTポイントが貯めれるというのも珍しいポイントですね。

口座開設はこちら

FOREX.com

FOREX.comのMT4だけで使えるMT4教科ツールを無料でプレゼントしています。また、約定力も世界中のトレーダーから評価されています。

口座開設はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。口座開設は3分もあればできてしまいます。取引に不安があって、少しだけ試してみたいという方はデモトレードで慣れてから始めるのがオススメです。ぜひ
一歩踏み出して口座開設をしてみましょう!

口座開設した方向け記事↓

MT4の基本的な使い方をマスター 写真付きでわかりやすく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA